スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/01/25 国交省・市営地下鉄「まったくの白紙」

川崎市議会議員・飯田みつる 皆さ~ん!こんにちは!!
 飯田です(*^_^*)
 今日「1月25日」は、『最低気温の日』なんだそうです!聞くところによれば、1902年1月25日に北海道旭川で氷点下41度という最低気温を記録して、今日まで破られていないとか。。。。。。一昨年、山形県で氷点下15度を体験しましたが、真冬のプールに飛び込む感じ!?、、、、「寒い!」と言うより、「痛い!」と表現した方が分かりやすいかもしれません。。。。。しかし、それ以下の41度って、一体どんな???「バナナで釘が打てます」の世界なんでしょうね~~~!(^_^;)僕のギャグの方が、また温かいと思います!!!(*^。^*)

 さて、今日は国会の衆議院議員会館会議室で、「民主党総支部協議会」(城島光力会長)が開催されて、国土交通省からの事業ヒアリング【写真】をおこないました~~~!内容は、「川崎縦貫高速鉄道線事業」(市営地下鉄事業)と「羽田空港再拡張事業と神奈川口構想」について。。。。。衝撃だったことは、川崎市の「市営地下鉄事業計画」について、国土交通省(鉄道局審議官)の認識は、「表現は不適切かも・・・」と前置きしながらも「まったくの白紙・・・ニュートラルの状態だ」と回答。。。。。川崎市の阿部孝夫市長は、武蔵小杉駅へ接続することで、あたかも国は理解を示して協議継続中と建設着工に期待をさせる表現を繰り返してきました。。。。。しかし、国交省では「川崎市営地下鉄事業」という文字はどこにも無いとバッサリ!!!

 その言葉を聞いて、ただただ愕然の思いと、川崎市に対する怒りが徐々に込み上げてきました!!!どこかで聞いた言葉ですが、このままでは正に「ヤルヤル詐欺」改め根拠の無い「やります。やります○欺」です!!!国交省と阿部市長の認識は180度違うことがわかりました!市長には、これまでの国交省との折衝やその時々の認識、そして、市民に対する説明責任を求めなければ。。。。。2月議会で論戦です!!!

川崎市議会議員・飯田みつる

 
スポンサーサイト
プロフィール

manchan

Author:manchan
飯田みつる
 神奈川県議会議員
  (宮前区・民主党)
  現在1期目
 経歴:
  中田宏前横浜市長元秘書
  川崎市議会議員2期8年

カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。