スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09/11/10 実は「川崎港港湾審議会」委員なのです!

川崎市議会議員・飯田みつる 皆さ~ん!こんにちは!!
 飯田です(*^_^*)
 川崎市では、昨日から平成22年度予算に関連して、市長が全局区の主要課題を聞く「市長ヒアリング」がスタートしました!!!そこで、「やっぱりね!」と、恐れていた来年度の収支不足が発表されました・・・・・。

 今年の厳しい経済状況が来年度に影響する自治体の予算なのですが、川崎市の来年度の収支不足額は、“247億円”になる見込みです!!!現状に対して、川崎市がこれからおこなって行くことは、予算編成作業!!!簡単に家計に例えると・・・お父さんの手取り給料(歳入)25万円に対し、家賃や高熱水費、食費、車のローン、塾の月謝、お父さんの小遣いなど(歳出)も25万円だったのが、会社からお父さんの給料、来年4月から5万円減給が言い渡されたようなもの。。。。。「さぁ~!5万円分、どこを減らそうか?」、、、、、まず第1に「お父さんのお小遣い」から見直しを。。。。。ということを今、川崎市ではおこなっています!!!でも、247億円かぁ~~~。。。。。1期4年務めると約4,000万円近く支給される“市長の退職金”を当ててはどうなのか???※ちなみに、市議会議員に退職金はありません。

 さて、今年度は常任委員会で、環境委員会に所属をしていますが、もう一つ、任務を担っておりまして、、、、、今年度は、「川崎港港湾審議会」の委員をしています!今日、午後から川崎市役所第3庁舎18階大会議室【写真:上】で審議会が開催されて、諮問された「港湾環境整備負担金の負担対象工事の指定」と「港湾計画の軽易な変更」について審議してきました!!!

川崎市議会議員・飯田みつる 僕は、この「川崎港港湾審議会」委員になって、初めて知ったことなのですが、港湾法を根拠法にして、「川崎市港湾環境整備負担金条例」が施行されています。内容は、川崎港の環境整備・保全(緑地・広場の整備や補修工事、漂流物の除去、清掃など)に掛かる費用を港湾周辺で敷地面積1万㎡以上を有する民間企業128社が、その総額の2分の1を負担するというものです!!!

 今回の金額は、総額約1億2,800万円・・・2分の1なので、約6,400万円を128社で負担することになります!!!まぁ~、金額はともかく、審議会では、負担する整備項目を指定するものなので、臨海部にある公園や緑地。風力発電施設復旧補修工事、海面の清掃は、民間企業のお力もあって整備されていることがわかりました!!!やはり、「恩恵を受けるから負担しろ!」ではなくて、これだけ民間企業が川崎港の環境に貢献してくれているわけですから、川崎市は、もっと、大々的に企業宣伝をする必要があるのではないでしょうか!!!と、僕は会議中【写真:下】に考えていました。。。。。

川崎市議会議員・飯田みつる

 
プロフィール

manchan

Author:manchan
飯田みつる
 神奈川県議会議員
  (宮前区・民主党)
  現在1期目
 経歴:
  中田宏前横浜市長元秘書
  川崎市議会議員2期8年

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。