スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/03/13 「東北関東大震災」被災地から帰宅!!!

 皆さ~ん!こんにちは。
 飯田です!!

 「東北地方太平洋沖地震」の被災地から今日の深夜に帰ってきました!!!昨日の夕方に川崎市を出発して、岩手県陸前高田に到着したのは深夜2時過ぎ、、、、、、夜が明けるのを車の中で待って、早朝6時から陸前高田の被災地に入りました!!!

写真1
川崎市議会議員・飯田みつる 今回、私と一緒に同行してくれたのは後援会の役員さんと仲間の2人、川崎市内で、「飲料水」と「カップ麺」「トイレットペーパー」など相当数を買い、ワゴン車に詰め込んで出発!!!「新潟県中越地震」の経験と今回の被災状況を皆で相談して、救援物資を決めました!!!その物資を仙台市若林区の避難所に持ち込んだのですが、避難所の所長さんや避難者の皆さんからは大変、喜んで頂きました~~~! 1日も早い復興を心から祈念いたしております!!!

 さて、「陸前高田」の被災地ですが、ニュースでも死者200人~300人と報道がある地区ですが、このまちは全地域が壊滅的な状況でした。。。。。。実際、被災地【写真1】に入りましたが、津波によって破壊された家や建物の残骸が全域に広がっていて、亡くなられた方が収容できずにいる状況でした。。。。。。

写真2
川崎市議会議員・飯田みつる 次に、「気仙沼」ですが、この地域はニュースでも“火災”が発生していたのでとっても心配だったのですが、私たちが訪れた時もまだ煙が立ち込めていました。。。。。。そして、港町だったことからか船が陸に打ち上げられ、大型船も川に引き寄せられて破損【写真2】。。。。。。この気仙沼で仕事をしていた30歳代の男性は、「地震の発生と同時に、高台に避難しました!避難訓練している人は助かったはずです」と、過去の津波被害の教訓を知る人と知らない人では、明暗を分けたと言うのです!


写真3
川崎市議会議員・飯田みつる そして、川崎市と同じ政令指定都市でもある「仙台市」の若林区ですが、海に面した荒浜地区でも、死者200人と言われ、海岸にご遺体があり、やはり収容できていない地区でもありました。。。。。。私たちが荒浜地区に入ってからしばらくすると「津波警報」が出され、即避難!!!道路の流木散乱【写真3】が避難の行先を妨げていました!!!でも、幸いにも津波の発生はありませんでした。。。

 今回の「東北関東大震災」の被災は広域です!行方不明者の捜索も難航が予想されますし、瓦礫の撤去だけでも数か月を要すると思います。。。。。。仮設住宅の建設も急がれますし、今後の課題は山積です!!!その中で、私たちは何ができるのか?他人事ではなく、深刻に考えたいと思います!!!
プロフィール

manchan

Author:manchan
飯田みつる
 神奈川県議会議員
  (宮前区・民主党)
  現在1期目
 経歴:
  中田宏前横浜市長元秘書
  川崎市議会議員2期8年

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。